S-アリルシステインと黒にんにく

S-アリルシステイン

S- アリルシステインについては、肝臓障害の予防、ジメチルヒドラジンで誘導される大腸ガンの予防、ヒト神経芽細胞腫の増殖阻害作用、抗酸化作用などの機能性が報告されており、加工にんにく特有の成分として注目されている。

分子構造

名称 S- アリルシステイン
化学式名 S- アリル-L- システイン
英語別名 SAC

S- アリルシステインは、大腸ガンを抑制するということで、有名になりました。
S- アリルシステインは、にんにくにしか含まれない成分として知られています。
イオウ分子を含む有機化合物、イオウ化合物と呼ばれる成分に分類されます。

小館農園の黒にんにく

含有量

通常黒にんにくは、熟成期間が長いほど、色が黒くなりますが、黒くなるにつれて栄養素は下がっていきます。SK ファームでは栄養素が高いところで取り出しているので、綺麗な栗色の黒にんにくに仕上がります。

乾燥原料100g中
S-アリルシステイン
当社 37.9 mg/100g
他社平均値 16 mg/100g

分析結果では37.9mg/100g( 乾燥重量)以上のS- アリルシステインが含まれており、これは一般的な黒にんにくの2 倍以上であり、黒にんにくとしてはS- アリルシステン含有が特徴的に高い製品といえる。